買取店の選び方

きゅうす グレー

要らなくなった骨董品や美術品は買取ってもらう事が出来ます。しかし全国展開しているからと言って高値で買取りを行ってくれるかどうかは別問題です。
茶道具などの商品に対して専門性を有しているかどうかが問題で、1品ずつちゃんと説明出来るかどうかになります。
ある美術品買取店では年間200件の確かな実績で専門家による的確な査定と1品ずつ正確な鑑定を行い、常に利用する人の立場に立った査定を行う様に心掛けています。

▽創業以来
この買取店は創業以来一度も利用者とトラブルを起こした事が無いのが自慢で、査定の質を落とさない様に少数精鋭で買取り査定を行っています。
その事が評判となって取引を行った顧客からの紹介が多いのもこのお店の特徴となっています。茶道具以外でも刀剣類や高級着物類、宝石類などについても専門業者と連携して対応しています。
又、相続と美術品の問題については代表者が身を削って対応してアドバイスをしたり相談にも乗ってくれます。

▽茶道具の種類
茶道具と一言で言っても茶碗や釜、風炉や香合、鉄瓶など種類が豊富です。茶人と呼ばれる表千家と裏千家、その他にも武者小路千家や江戸千家、大徳寺の僧侶などの道具類も有ります。
千家十職の道具には楽吉左衛門、永楽善五郎や大西清右衛門など多くの関係者がいます。
例えば楽吉左衛門の作品の黒茶碗は黒を基調とした重厚な作りの茶碗で形はデコボコしていますがどこか上品さも兼ね備えていて味わいがあります。又、楽吉左衛門は同じ様な赤茶碗も制作しています。

▽都内の古美術商では
都内某所にある古美術商では、様々な品を買取しています。
このお店は98%の顧客満足度と90%以上の成約率という高い数字を誇っています。また、年間200件の買取を実現しており、お客様が依頼したくなる査定を行っています。
具体的には、専門家による的確な査定、一品ずつ丁寧に行う査定、常にお客様の立場に立った査定です。
遺品整理や大掃除などで、何か買い取ってもらいたい品がある方は、電話か見積もりフォームから大まかな査定額を知ることが出来ます。

▽査定に必要な情報
その際に必要となる情報としては、品名・作家名・箱の有無(茶道具・陶磁器・掛け軸など)・代々家にあるものか・購入価格(領収書)・購入場所・贈答品かどうか・傷の有無・添付画像などが挙げられます。このようなデータを元に簡単な査定を行います。
その結果次第で、後は店頭買取か出張買取かをお客様に選んでもらい、実際に商品を見て査定をします。また、各種オークションへの出品代行も行っています。(出張料・査定料は無料です。)

▽取り扱い商品
このお店が取り扱っている商品は、茶道具・絵画・掛け軸・アンティーク・美術品・中国美術・着物などです。中でも代表的なものとして茶道具があります。
これには茶碗・棗・茶杓・釜・水指・風炉・香合・茶入・菓子器・鉄瓶・銀瓶などが含まれます。
また、「茶道具」と一口に言っても、表千家・裏千家・武者小路千家その他の流派ごとに道具は様々なので、一概に「何がいくらくらい。」とはなかなか言えない、難しいものなのです。